自然素材の紹介~漆喰・塗り壁・壁紙~

1.漆喰

空気の質を変える光触媒が入った珊瑚の漆喰~プレミアム・レーベン

~自然の力で快適・安心・安全な住まいに~
珊瑚だけでは割れやすくなってしまうため+漆喰(抗菌作用)+光触媒※1で殺菌、防カビ、防藻の効果を発揮。 ホルムアルデヒドや悪臭の原因となる分子を吸着、シックハウスにも最適。無機質系素材の為静電気が起こりにくく耐候性に優れています。トップコートは不要で撥水性油膜で汚れにくさを長持ちします。ゼオライト※2の優れた調湿性能で結露の発生を抑制。カラーは全12色。

※1 光触媒とは?

光触媒作用は主成分である「酸化チタン」が太陽や蛍光灯の光に当たると、水や酸素と反応して活性酸素を作ります。 この活性酸素は非常に大きなエネルギーを持ち接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を分解・除去してくれる作用があります。

※2 ゼオライトとは?

太古の昔、火山灰などが降り積もって固まった岩石の事。主成分となるケイ素は食品添加物にも認可され、無味無臭で人畜無害で火にも強く国土交通大臣認定の防火材料です。万一の火災時にも有害なガスを発生しません。

<カラーバリエーション全12色> カラーバリエーション


2.塗り壁

天然ミネラル系の左官塗壁仕上材~ヘルシーカラー

~健康で上質な暮らしのお手伝い~
樹脂や化学物質を含まない天然ミネラル系の左官塗壁仕上材がレーベン・ヘルシー・カラーです。ヘルシーカラーの成分は、99%がミネラル成分と粘土と天然白色珪藻土で出来ています。自然な安らぎを感じる天然色を使い、塗装本来の質感を残し安心で安全な居住空間ができる、高機能・高品質の塗壁仕上材です。 カラーは全24色。

世界最高水準の調湿機能

ミネラル鉱物の呼吸によりお部屋の湿度を一定に保ち、室内外からの湿度の上昇を抑制し、㈱やダニから人体・住居をも守ります。 ヘルシーカラー単体での吸放湿特性値は、一般的なビニールクロスの15g/㎡。これは6畳(施工面積20㎡)のお部屋で考えると1日で焼く2.8ℓもの余分な水分を取り込める事を表しています。

ホルムアルデヒド除去機能 / HCHO(ホルムアルデヒド)→H2O+CO2

ホルムアルデヒドを吸着(キャッチ)して分解(ブレイク)する頼もしいシステムです。効果は半永久的!
ヘルシーカラーは、シックハウス症候群の原因物質とされるホルムアルデヒドを効果的に吸着し、分解して無害な物質に変えてしまいます。 ヘルシーカラーは一般的な珪藻土建材と異なり、主成分である天然ミネラル成分が吸着する事のより消臭するだけではなく、化学の力も合わさって分解して無害な物質にかえることで、半永久的にその効果を持続させることが可能です。

<カラーバリエーション全24色> ヘルシーカラーバリエーション


3.織物壁紙

木創オリジナル壁紙(和紙壁紙・織物(布)壁紙・コットン壁紙)

~不要な化学物質を入れない壁紙~
織物壁紙の素材は綿、麻などの自然素材が中心(一部コストを下げるためにレーヨンやポリエステルを使用)。コットン壁紙は種の段階から一切の化学肥料・防草材・殺虫剤などの農薬を使わず自然の生態系を生かした方法で生産しています。また、和紙壁紙は越前鳥の子紙をもんで裏紙を貼り合わせたものです。勿論接着剤も可塑剤(かそざい)の入っていないものを使用、防腐剤などの薬品処理は一切していません。全ての木創オリジナル壁紙は通気性・調湿性・吸音性があります。全16種。 ※可塑剤は主に、酸とアルコールから合成されるエステル化合物です。

ホルムアルデヒド等級「F☆☆☆☆」(大臣認定番号MFN-0181号)

木創オリジナル壁紙はホルムアルデヒド等級「F☆☆☆☆」の適合品であり、面積制限を受けずに使えるものです。それに加え「出来る限り化学物質を排除する」という姿勢で作られています。この製品のホルムアルデヒド発散量は無垢材から出てくる量と同程度、もしくわそれ以下であると判断してよい量です。

新しい建築基準法に適合する壁紙をお探しの方はもちろん、建築基準法レベルに満足せず、さらに化学物質に配慮した住まいづくりをお考えになられている方にはご満足いただける製品であると考えています。

壁紙の種類

壁紙は裏紙と呼ばれる紙に主素材を貼り付けた構想になっています。主素材には「塩化ビニル樹脂」「オレフィン樹脂」「織物(布)」「紙」などがあり、わが国で一番使われているビニルクロス壁紙はその主素材が塩化ビニル樹脂です。よく使われる理由は、まず値段が安い事、様々な模様がつけやすい事や均一な製品が出来る事、汚れが拭きやすい事で、これがビニルクロスの長所。逆に短所は様々な化学物質が含まれており、平均的にはビニルクロスが最も化学物質が大量に発生してくる壁紙であることがわかっています。

また、塩化ビニル樹脂がダイオキシン発生の原因になると騒がれたことによりビニルクロスと同じような長所を持った別の壁紙が求められ誕生したのがオレフィン樹脂を使った壁紙です。化学物質の発散量は平均的にビニルクロスよりも少ないようですが、織物などの自然素材壁紙と比べると多いというのが現状です。 自然素材の壁紙は汚れが付きやすくその汚れがとれにくのが難点です。また、こうした自然素材壁紙のなかにも「難熱材」や「防カビ材」の化学物質が使われているものが多々あります。

<木創オリジナル壁紙 全16種類> 織物壁紙バリエーション