「自然素材×健康住宅」の新築一戸建て
新築一戸建て・注文住宅を考えた時のお役立ち情報

シックハウス症候群とは?

近年、住宅を高気密化することや化学物質を放つ建材や内装材を使用することにより、新築や改築後の住宅などで、化学物質による室内空気汚染などが居住者に様々な体調不良が生じていることが数多く報告されています。

原因となる建物の外に出ると、症状がなくなる又は軽くなることが特徴です。

それらの症状は多様で、症状発生の仕組みをはじめ、未解明の部分も多く、また様々な複合要因が考えられることから、「シックハウス症候群」と呼ばれています。

「シックハウス」とは、病気を引き起こす家という意味になります。

室内の空気環境を悪化させる原因として、ダニアレルゲン、ハウスダスト、カビ、細菌、揮発性の化学物質が考えられます。特に相談が多い化学物質を原因としたシックハウス症候群についてご紹介します。

< シックハウス症候群の症状 >

主に次のような症状が報告されています。ただし、症状には個人差があり、同じ環境でも、強い症状を訴える方がいる一方、全く症状がない方もいます。現時点では、どのような体質の方が症状を訴えやすいかは解明されていません。

  • 目に刺激があり、チカチカする
  • 頭痛、めまい、吐き気がする
  • 鼻水、涙、咳が出る
  • 鼻や喉が乾燥したり、刺激や痛みがある
  • 皮膚が乾燥する、赤くなる、痒くなる
  • 疲れやすく、眠気がある

【シックハウス症候群の原因】

化学物質を放散する建材・内装材・家具等の使用により、体調不良を生じるといった訴えが報告されています。近年、住宅の高気密化が進んできたことと、建材や建築工法等の変化により、室内空気中の化学物質の濃度が高くなることが原因であると考えられています。

建材などに含まれる主な化学物質

  • ホルムアルデヒド・・・合板、壁紙などの接着剤
  • アセトアルデヒド・・・防カビ剤、香料など
  • トルエン・・・内装材、家具などの接着剤、塗料
  • キシレン・・・内装材、家具などの接着剤、塗料
  • エチルベンゼン・・・内装材、家具などの接着剤、塗料
  • クロルピリホス・・・防アリ剤、農薬
  • スチレン・・・ポリスチレン樹脂、合成ゴムなど
  • その他、フタル酸ジ‐n‐ブチル(塗料、顔料)、テトラデカン(灯油、塗料)、ダイアジノン(殺虫剤)など。

【シックハウス症候群の診断と治療】

「シックハウス症候群」ではないかと思ったら、症状に応じて病院を受診しましょう。その際、症状が起きた経緯やきっかけを正しく医師に伝えてください。症状発生の仕組みをはじめ、診断方法、治療方法等については、現在も研究が進んでいるところです。

【対策と予防】

  1. 建築時の心がけ
    • 化学物質の放散量が少ない建材等の使用

    平成15年7月の建築基準法の改正により、ホルムアルデヒドを含有する建材、換気設備の規制、シロアリ駆除剤であるクロルピリホスの使用禁止など、室内空気中の化学物質の濃度の改善が図られています。

    化学物質への感受性は個人差が大きく、その対策には費用面も関係してくるので、予め建築業者等とよく打合せを行いましょう。

    建材に使われる合板などは、ホルムアルデヒドを放散する量が星マーク(☆)で製品に表示されています。表示記号は[F☆☆☆☆](読み方:エフフォースター)星マーク4つが最も放散量が少量で、その他[F☆☆☆]、[F☆☆]などがあります。できる限り放散量が少ないものを選びましょう。

    • 換気・風通しへの配慮

    効果的な換気ができるように、窓の配置や間取りの計画を立てましょう。

  2. 生活上の注意

    現代の生活には、知らず知らずのうちに化学物質を増やしてしまう要素がたくさんあります。

    例えば床にワックスをかける、殺虫剤をまく、芳香剤や消臭剤を置くといったことも、室内の化学物質を増やす原因になります。影響の程度は人によって異なりますが、小さな子どもや、呼吸器の弱い方のいる家庭では、できるだけ使用しないか自然素材のものにすることが大切です。

    また体内に蓄積した化学物質は、代謝をよくし、汗を出すことである程度は排出することが可能です。軽く汗をかく程度の運動を続けることや、低温サウナでじっくり汗を出すなどの方法も予防につながります。運動は、自律神経のバランスを整える効果もあるので、症状の緩和にも役立ちます。

    カビやダニの予防は、まずこまめに掃除をすることです。バスルームや洗面所の水滴はきちんと拭き取る、じゅうたんや畳は掃除機でしっかりごみを吸い取る、ぬいぐるみなどの布類は時々洗って天日干しする。このような生活上の細かい心遣いが、対策の基本となります。

    シックハウス症候群は発症すると様々な化学物質に過敏になり、香水やドライクリーニングした洋服、合成樹脂の製品などにも反応し、体調を壊すことになりかねません。さらに悪化すると引越しや家の建て替えが必要となることもあります。気になる症状がありましたら、生活の改善など早めに予防策をとるようにしましょう。